MENU
美女ランキング

2017年の美女取材数ランキング!去年、一番取材した美女はこの女性

2017-interview-ranking-1-min

2017年九州パチンコイベント、私が参加した回数は395回、前年は537回。

激減したのは私の住む宮崎県において10月1日から適用された、宮崎県遊戯業協同組合による来店イベント禁止が原因とされる。

遭遇したコンパニオン、女性タレントは204人、前年は201人でした。

美女が所属する団体、ユニットのランキング

1位 スイートパル(83回)

2位 でちゃう!(63回)

4位 DMM.ぱちタウン(60回)

4位 パチプレ(56回)

5位 パチンコプレス(36回)

6位 P-mart TV(21回)

7位 桃PACHI乙女組。(10回)

8位 パチ王伝(9回)

9位 やたい劇場

輝け!さぷらいず娘(8回)

11位 パチゲット(7回)

12位 でるパチ(6回)

13位 ドリームガールズ、

サバンナガール(5回)

九州コンパニオン、タレントのランキング20位~11位

やはり気になるのがコンパニオン、女性タレントのランキング

ここで魅せます、ランキング20位~11位

お楽しみはこれからだ

19位 山ノ内ゆり 7回/前年4位

19-3-yamanouchiyuri-min

2016年九州パチイベ大賞MVP、時代の寵児も4月からの休止により会う回数が激減。

今年2月に復帰、完全復活とはいえないものの、そのオーラとカリスマ姓に疑う余地は無い。

今後に注目。

きょうこ/パチンコプレスプレミアムガールズ(当時) 7回/前年45位

19-2-kyouko-min

大学卒業と同時にコンパニオン卒業となるきょうこちゃんも頑張ってくれた。

4月から新たな社会人だがまた臨時でも入るといいな。

ALISA/九州でちゃう!ガールズ(当時、現・東海でちゃガ) 7回/前年38位

19-1-alisa-min

ありちゃんも東海移籍前に多く遭遇した。

新天地でも頑張ってほしい。

真帆/九州でちゃう!ガールズ 7回/前年4位

19-4-maho-min

九州でちゃガの象徴まほぴ、13年からキープしたベスト4入から一気にダウンは宮崎県来店イベント禁止も大きな原因。

だが18年も九州でちゃガを牽引する。

15位 サッキーナ 8回/前年28位

15-1-sakkiina-min

カリスマコンパニオン、サッキーナもベスト20入り。

パチ王伝、 P-martTVでの活躍が目立った。

もも/ぱちタウンエンジェルス 8回/前年17位

15-2-momo-min

新エンジェルスのエース、スロット戦士ももん。

エンジェルスよりもコスPLAYレポートで南九州も多く来店。

ゆうみ/ぱちタウン専属タレント 8回/前年21位

15-3-yuumi-min

6月にエンジェルス卒業もタレントの活躍は増え、ベテランの存在感を見せつける。

松本理沙/九州でちゃう!ガールズ 8回/前年9位

15-4-matsumotorisa-min

心友の田上千尋ちゃんが卒業も多く来店してくれたりーちゃん。

その千ちゃんも今年5月に復活。

これからも明るいりーちゃんが見たい。

13位 あき/スイートパル(当時) 9回/前年1位

13-1-aki-min

16年上半期、年間1位だったスイパルのエースあきちゃんは突如引退してしまった。

宮崎ではなかなかいない逸材だった。

また公の場で会いたい。

ハナ/スイートパル 9回/前年10位

13-2-hana-min

12年からベストテン入りだったスイパルの大御所ハナちゃんも13位。

やはり宮崎県来店イベント禁止が大きい。

コンパニオン以外にも実践、似顔絵師として鹿児島、大分で活躍する。

11位 りいち/ぱちタウン専属タレント 10回/前年ランク外

11-1-riichi-min

ぱちタウンに移籍後、ライターとして新たな活動を見せたりいち。

今年3月から休止したが、彼女の復活をファンは待ってるのだ。

美穂/ぱちタウン専属タレント 10回/前年21位

11-2-miho-min

ご存知業界のレジェンド、2017年九州パチイベ大賞MVP。

福岡カスタムカーショーがなくなっても、「世界コンチパ計画」で不動の人気を見せる。

その活動はいまや全国的。

九州コンパニオン、タレントのランキング10位~1位

続いて10位~1位の発表です。

堂々の1位に輝くのはどの美女でしょうか!?

10位 なる/スイートパル 12回/前年16位

10-naru-min

15~16年の体調不良から復帰したなるちゃんも17年は頑張ってくれた。

住む宮崎ではイベントが出来ないが他県でその明るさを見せてほしい。

8位 えりにゃ/P-martTV 13回/前年10位

8-1-erinya-min

16年九州パチイベ新人賞のえりにゃ、2年連続ベストテン入り。

「えりにゃ回胴伝説」は地元鹿児島を越え、もはや全国区。

P-mart九州のエースはえりにゃで間違いない。

愛理/九州でちゃう!ガールズ(当時) 13回/前年10位

8-2-airi-min

2016 DGRQあいりん、15年から3年連続ベストテン入り。

残念ながら12月28日を以て卒業してしまった。

17年は撮影会でもたくさん会った。

寂しい限りだが新しい人生も応援したいし、復活してほしい気持ちもある。

7位 結愛/ぱちタウンエンジェルス 14回/初

7-yua-min

田上千尋、えりにゃに次ぐかごんまの星・結愛ちゃん、初登場にして堂々ベストテン入り。

プレイガイドエンジェルスから続くぱちタウンエンジェルスでのベストテン入りは初だ。

鹿児島での人気と動員力は美穂ちゃんを越える。

2017年九州パチイベ大賞新人賞は文句無し。

18年は「結愛親衛隊」も発足され、いまや九州でいちばんアツいコンパニオン、既にMVP最有力候補だ。

6位 市木絵理香/南九州でちゃう!ガールズ 16回/前年14位

6-ichikierika-min

田上千尋ちゃん卒業により唯一の南九州でちゃガとなった絵理香ちゃん。

宮崎の来店イベント禁止による最後の宮崎でちゃう!も絵理香ちゃんが来店してくれた。

地元宮崎が来店できなくとも鹿児島、大分で頑張ってくれ、九州メンバーにも大きな戦力である。

5位 緒方あみ/パチンコプレスプレミアムガールズ(当時) 17回/前年7位

5-ogataami-min

熊本PPGのリーダーあみちゃん、6月に卒業も堂々ベストテン入り。

3月に卒業予定もなかなか辞めれず6月まで延びたが、現在もたまに1日限りの復活をする。

ファンにも仲間にも愛されるあみちゃん。

卒業の理由はTwitterで報告済みだが、たまにでいいのでみんな会いたがってるのだ。

4位 久能みなみ/パチンコプレスプレミアムガールズ 18回/前年8位

4-kunouminami-min

熊本PPGの絶対的エース。

17年に二十歳となり、リーダーあみちゃん卒業後、なおそのトップとしての自覚が強まった。

18年は地元福岡の活動も増え、知名度も上がる。

齢18から情報誌の表紙、グラビアを飾る逸材。

その美貌とスタイルは絶品。

今年こそは撮影会を実現してほしい。

3位 カリン/スイートパル 20回/前年2位

3-karin-min

スイパルのエース、カリンちゃん、15年から3年連続ベストスリー。

17年は臨時でエンジェルスも経験。

宮崎県の来店イベント禁止でもいつものお笑い路線でイベントを盛り上げる。

鹿児島でも大分でもそのキャラは変わらず。

2位 まい/スイートパル 21回/前年3位

2-mai-min

17年大学卒業後、スイパルに正式入社。ディレクターとしても活躍した。

前述の宮崎来店イベント禁止でのダメージでもその明るさ(とにかく喋る・笑)は変わらず。

ぱちタウンヤドゥさんとも共演。

その美貌とプロ意識を高く評価された。

来店イベント禁止の苦境とあきちゃん卒業でエースの立場となったまいちゃんを応援したい。

1位 涼宮まり/パチプレプレミアガールズ 24回/前年14位

1-suzumiyamari-min

福岡PPGのリーダーまりちゃん、堂々の1位。 過去のランキングにおいて、14年から続いたスイートパルの年間トップスリーが、涼宮まりちゃんによって破られた。

17年は「怪盗トライアル」などの新企画でエース羽川みうちゃんと同時に話題となった。ポスターでもセンターを獲得。

Twitterも開設してフォロワーも急増中だ。

私の2017年の顔は、パチプレプレミアガールズ涼宮まりちゃんでした。

まとめ

2018年6月現在、20人中5人が卒業、休止である。

前述の宮崎県来店イベント禁止により宮崎発コンパニオンユニット、スイートパルは本拠地を失った。

鹿児島、大分に活動を拡げることにより今後の活躍に注目だ。

19位の山ノ内ゆりちゃんの復活、DMMぱちタウン、P-martTVの拡大、エンジェルス結愛ちゃんの大ブレイクにより、18年のランキングは例年より多く変動することが予想される。

ABOUT ME
Ryu
BijotanライターのRyuです。 九州各地のパチンコイベントやカーレーシング、カスタムカーショーなどに行って、華麗に活躍する美女を応援しています。